割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品のシンワ

シンワホーム文字サイズ変更
HOME > 会社情報 > 五條、吉野について > 都と紀伊を結ぶ道が作った五條の歴史
戻る
都と紀伊を結ぶ道が作った五條の歴史
都と紀伊を結ぶ道が作った五條の歴史
賀名生皇居跡「賀名生堀家」

1336年、後醍醐天皇が京都から吉野に皇居を移す途中、賀名生にある堀家に滞在し、南朝のゆかり深い地となります。
伊勢街道、紀州街道、下街道、河内街道と都からの主要街道が集結するこの地は、太古の時代より、南北朝、奈良時代、戦国時代から明治維新といつの時代にも、宗教・政(まつりごと)の要地であり、様々な歴史の舞台となり、それを物語る寺社仏閣、史跡が数多く残されています。

株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品 大いなる歴史と桜の幽玄、世界遺産「吉野山」。 日本三大美林「吉野杉」 蕩々と流れる豊かな吉野川 都と紀伊を結ぶ道が作った五條の歴史 江戸時代の宿場の面影残る新町通り 明治維新の先駆け「天誅組」の夢 往時の賑わいが蘇る「かげろう座」 日本一の「柿の町」五條
シンワトップへ
株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品
Copyright (C) 2009 SHINWA CO., LTD. All Rights Reserved.