割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品のシンワ

シンワホーム文字サイズ変更
HOME > 会社情報 > 五條、吉野について > 江戸時代の宿場の面影残る新町通り
戻る
江戸時代の宿場の面影残る新町通り
江戸時代の宿場の面影残る新町通り
重要文化財「栗山邸」

水陸交通の要地であった五條は、江戸時代には宿場、商業の地として発展し、今でも新町通り界隈には当時の風情と栄華をしのばせる街並みが残っています。漆喰塗りの壁や虫籠窓、格子の家々が連なり、江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥る風情です。その中でも国の重要文化財に指定されている「栗山邸」は、建築年代の分かっているものでは日本最古の民家と言われており、荘厳な雰囲気が漂っています。

株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品 大いなる歴史と桜の幽玄、世界遺産「吉野山」。 日本三大美林「吉野杉」 蕩々と流れる豊かな吉野川 都と紀伊を結ぶ道が作った五條の歴史 江戸時代の宿場の面影残る新町通り 明治維新の先駆け「天誅組」の夢 往時の賑わいが蘇る「かげろう座」 日本一の「柿の町」五條
シンワトップへ
株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品
Copyright (C) 2009 SHINWA CO., LTD. All Rights Reserved.