割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品のシンワ

シンワホーム文字サイズ変更
HOME > 環境のためにシンワのエコ > 国産間伐材について

「間伐」は、健全な森の循環を促します。

日本の国土の67%は森林であり、うち40%が人工林です。かつては国を上げての植樹が推進されていましたが、時代と共に安い輸入材に押され、今や木材供給量の約8割が輸入材と言われています。その結果、日本の林業の衰退を引き起こし、森林の手入れも困難となり、森林は荒廃し続けています。木は成長とともに密集し、そのまま放置すると森に光が入らなくなるため枯死してしまいます。健全で立派な木を育てるためには、木々の間隔を空けて伐採する「間伐」や下草刈り、枝打ちなどを行い、森に光を入れ豊かな土壌を作ることが必要です。育った木は伐採され、また植えるという循環で森は豊かになり、CO2をたくさん吸収してくれる健全な木が育っていきます。私たちが日本の木を使うことがこの自然の豊かな循環を蘇らせる手助けとなります。

「間伐」は、健全な森の循環を促します。

割箸の「間伐材」使用の取組み。

割箸は日本の箸文化の象徴であり、大切な役割を持っています。その国内消費量は約250億膳とも言われています。しかしながらこれまで多くの割箸が安価に外国材で作られていたことも事実です。日本では1本の木から建築材をとった後の端材を有効活用して割箸が作られていますが、シンワはその活動をさらに押し進め、国産間伐材の有効活用に積極的に取り組んでいます。国産間伐材使用の「日本の森のおくりもの」や地元である奈良県吉野の杉や桧の間伐材使用の「匠の箸」などの製造販売を通し、全国森林組合連合会によって認定されている「間伐材マーク」を取得しています。間伐材使用の商品を使うことが、人工林を守り育てていく資金還元となり、日本の森の環境改善に貢献できます。

間伐材マーク

日本の森に感謝し、CO2削減目標へ。

京都議定書で日本は、2012年までに温室効果ガスの排出量を1990年よりも6%削減することを約束しています。そのうち3.9%を森林によってCO2を吸収し達成しようと計画されていますが、日本では森林の荒廃が進んでいるため、このままでは計画の達成も危ぶまれます。このため、林野庁では2005年度から国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、CO2をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めるという「木づかい運動」の取組みを開始しています。シンワはこの取組みに賛同し、国産間伐材の端材を使用した製品の開発に努めていきます。

サンキューグリーンスタイルは二酸化炭素を吸収してくれる日本の森林に感謝(サンキュー)しながら、 目標の3.9%(サンキュー)の達成に向かって、国産材製品を身近に取り入れ、うるおいのある生活を育んでいただこうというライフスタイルです。

サンキューグリーンスタイル
シンワトップへ
株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品
Copyright (C) 2009 SHINWA CO., LTD. All Rights Reserved.