割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品のシンワ

シンワホーム文字サイズ変更
HOME > お箸のお話 > 箸の形と素材
吉野の箸
箸折々のことごと
vol1

箸の形と素材

箸には、様々な形があり、それぞれに歴史や用途があります。

箸の形

杉や桧など代表的なものから様々な箸の素材の特長をご紹介します。

箸の素材

箸の形

天削箸(てんそげばし)

天削箸(てんそげばし)
割り箸の天の部分を鋭角的に削ぎ落とし木目(杉、桧など)の美しさを強調しているお箸。 大正5年奈良県吉野郡下市町において開発された、主として高級料亭やご家庭においてお客様をもてなす時に使われます。(24cmのものが主流です。)

利久箸(りきゅうばし)

利久箸(りきゅうばし)
中太両細型のお箸で(一本利久箸)、室町時代に茶の宗匠である千利休が、茶席でもてなす時 に愛用したと伝えられている。明治末期に奈良県吉野郡下市町で開発された。高級なものは、 吉野杉を使用するが、家庭用のちょっとしたおもてなしや、家庭の中で汎用的に使用される割 箸には、<エゾ松>や<アスペン材>が使用されています。また自然環境から竹材の利久箸も 増加しています。(高級品<吉野杉>24cm・21cm、竹材21cm)

元禄箸(げんろくばし)

元禄箸(げんろくばし)
箸の天の部分の切口が元禄模様に見えるところから、その名がついた。最も汎用的な割箸で、 気軽にご家庭内で使用されたり、大衆食堂などにも利用される割箸です。明治20年頃奈良県吉 野郡下市町において開発され、現在、最も多く流通している形状です。高級なものは、桧など もありますが、多くは白樺材、アスペン材であり、自然環境のからみから竹材も増加しており ます。(20.2cm、竹材21cm)

小判箸(こばんばし)

小判箸(こばんばし)
箸の天の部分の切口が小判型に見える事から、命名された。割箸としては最も古く明治10年に奈良県吉野郡下市町において寺小屋教師の島本忠雄によって開発されました。当初は吉野杉で 作られておりましたが現在は、白樺材が最も多く。元禄箸と同じく汎用的に使用される割箸です。(20.2cm)

竹割箸(たけわりばし)

竹割箸(たけわりばし)
熊本県南部および鹿児島県北部の竹材を利用して開発された、やや太めの割箸ですが、その後豊富な資材と安価をもとめて中華人民共和国に出産地が変わっています。自然環境保護のからみから利用されています。また、勝れた強度と油を弾く特性から<天婦羅>や<うなぎ>の飲 食店や、ご家庭では<鍋物用>として利用されています。(24cm・21cm)

丸箸(まるばし)

丸箸(まるばし)
この箸は、割箸ではなく一本ずつの組箸です。お正月用の雑煮用として古くから使用されており、中太両細の俵型をしています。この意味は、家庭円満で一年中食物に不自由しない、との願いをこめて、お正月や、お祝い事に使われます。素材は柳(みずき)が通常ですが、安価を求めてアスペン材も出回っています。(24cm)

箸の素材のご紹介

吉野杉(よしのすぎ) 吉野杉(よしのすぎ)
吉野杉は冬目(冬の期間に成長する部分で、いわゆる木目の事)が細かく通り、強度があると同時に木がきめこまかく、光沢がある特性があります。このために割裂性に富み、心地よい割れ具合は、潔さを愛する日本人の感性に合っています。それはあたかも桜が咲いて、ぱっと散る潔さを愛でることにも通じる感性です。吉野は桜の名所、”義経の千本桜”で有名で下市町に隣接しています。材料としては、吉野杉の建築資材などを取った残りの端材(木の外皮に近い部分)を利用して割箸にしており、産業資材の有効活用にも一役かっています。主として高級料亭やご家庭で大事な、お客様をもてなす時のお箸として利用されています。
ひのき ひのき
吉野杉箸と同じく、おもてなし用のお箸として利用されております。木の肌が滑らかで手にした時の感触がよく、強度も強く、お箸として最適の素材といえます。この(ひのき)も建築資材として取った残りの端材を活用して生産されており、産業資材の有効活用に一役かっています。

エゾ松 エゾ松
わが国では、北海道に自生する松の一種です。建築資材や他の産業資材として製材された残りの端材を利用して、割箸を作っています。その意味では、吉野杉箸や桧箸と同様に産業資材の有効活用を計っています。また、最近、中華人民共和国にも多く自生している事が解り、中国での生産も始まっています。

白樺 白樺(しらかば)
わが国では、長野県を南限とする北日本一帯の山林に自生していた白樺は、次第に各地の開発によって減少し、樹林を形成しているのは、北海道の十勝地区を始め、北海道の山間部一円に自生しています。この為、より豊富な資材を求めて、その主産地は中華人民共和国に移っています。白樺は、樹液が多くそのために、主たる建築資材としては、使用されておりませんが合板用や楽器(ピアノ)の木材部品として利用されています。しかし、その総量は僅かです。多くの原木は、北海道の山間部でも、利用されないまま倒木して朽ちはてている状況です。割箸業界では研究を重ね、この白樺の樹液を煮沸(しゃふつ)する事によって取り去り割箸として利用する事を開発しました。木材としては比較的安価であるために、汎用的な割箸として現在最も多く流通しています。木質としては、ねばり強く、腰も強い特性によって割箸の主要素材として定着しています。

アスペン材 アスペン材
和名を白楊といい、主としてカナダ国に自生する針葉樹です。木の特質としては柔らかで、軽く、木色がとても白いという特徴があります。産業資材としては主に紙パルプ用の木材として利用されており、柔らかで繊維の長いパルプは、薄紙用としてティッシュペーパーや、ナプキン用として日本にも多く輸入されております。アスペンは、カナダのブリテッシュコロンビア州を中心とする広大な地域で森林を形成しており、見渡すかぎりアスペンの森林です。BC州は別名<森と湖の州>として、その景観は広く紹介されています。割箸としてのアスペン材の利用は、昭和末期より始まっていますが、比較的に新しい素材として最近のびている素材であり、特に色の白さが受けている理由です。

竹
竹は、強度があり油を弾くことから、割箸として使いやすく、使用後もご家庭で菜箸として再利用できます。しかし竹の繊維は通水性に勝れた特性があり、外気の湿気を吸い込みカビが発生する事があります。箸の生産の段階では、限界までの乾燥を施して、カビの発生を防いでいます。また竹特有の虫がつきやすく、この寄生虫は雨期に竹に侵入し卵を産み付け、伐採後に孵化(ふか)し、竹を食い荒らす事が判明しており、雨期(日本でいう梅雨)を避けて、伐採する事で対応しています。日本では熊本県南部や鹿児島県北部に広がる広大な竹林により昭和20年頃から竹の割箸が生産が始まり、その後流通量の増大に伴い、その殆どが中華人民共和国での生産に移行していました。竹は木に比べ成長が早く、約4年で成竹になるため、健全な竹林を維持するには常に間伐を行う必要があります。近年また日本の竹林を守るために、この間伐材を使用した竹割箸の製造がすすんでいます。

その他
割箸としては、今まで述べてきました素材の他に、<松>や<赤松>での割箸があります。白樺材が主流の位置を占める以前は、かなり利用されていましたが現在では減少し、鳥取県や岡山県の一部の生産工場が残っています。また、お正月用の祝い箸の素材として<やなぎ>があります。

シンワトップへ
株式会社シンワ|割り箸・ペーパーウェア・環境対応商品
Copyright (C) 2009 SHINWA CO., LTD. All Rights Reserved.